成長期の身長

成長期の身長の伸びは個人差があるのはなぜ?

当たり前ですが成長期の身長の伸びは個人差があります。
中学生の頃から少しずつ身長が伸びる子
高校生になっていきなり身長が伸びる子
高校を卒業してから身長が伸びる子

 

成長期の身長の伸びは個人差があります。
これは何故なのでしょうか?

 

中学生の頃から身長がすごく伸びる子がいますよね?
そのような子は親が身長が高いと言う事もあったりしますが、決して親が身長が高いという場合ばかりではないですよね?
中学生の頃から背の高い子は牛乳を沢山飲んでいたりスポーツをしている場合が多いのです。
しっかり栄養素摂り適度な運動をしている子に中学生の頃から身長が高い子が多いようです。

 

高校生になっていきなり大きくなる子もいますよね?
中学生の頃はず〜っと背が低いのに高校生になるといきなり大きくなるっていう子。
男の子に多いようです。
どうしても男の子の場合、女の子よりも成長が遅れているような感じです。
中学生では女の子は身長もある程度伸び身体が大人に近づいていきますが男の子の場合はまだ子供っぽい子が多く身長もあまり伸びていない事が多いのです。
これはホルモンの関係と言われています。

 

高校生になると骨端線が固まってきた子は身長の伸びも止まりまだ固まっていない子は身長が伸び続けます。

 

固まってきたといえまだまだ、骨端線が固まった訳ではないので身長は伸び続けます。
栄養、睡眠、運動といった食生活、生活習慣に気をつけて高校生活を送ってみるとまだまだ身長は伸びるはずです。

 

成長期の身長の伸びの差はまず食事、バランスの採れた栄養素、しっかり睡眠をとり成長ホルモンの分泌を促す、適度な運動、などが大きく影響しますので小さな頃から好き嫌いせずしっかり栄養を摂る事が大変重要です。

 

とは言っても毎日の食事を考えるお母さん達は大変ですよね?
そんな時はサプリメント。
カルシウムをはじめ成長に欠かせない栄養素が含まれて子供カルシュウムサプリで栄養補給も良いと思います。